ナイトワークのバイトにマイナンバーカードは必要?

ナイトワークバイトで稼ぎませんか?
Home » ナイトワークバイトで稼ぐ » ナイトワークのバイトにマイナンバーカードは必要?
ナイトワークバイトで稼ぐ | 06月19日更新

ナイトワークのバイトにマイナンバーカードは必要?

副業をしたいけどマイナンバーカードの導入により、本業の会社に副業をしていることがバレないか不安に感じている人も多いと思います。
副業はしたいけど本業の会社にバレるくらいなら諦めようと思っている人も多いと思います。
しかし、単刀直入に言うとナイトワークバイトをしても本業の会社にバレることはありません。
その仕組みについてご紹介をしていきます。

・副業として働く場合会社にバレることを恐れている人も
副業としてナイトワークをする場合、本業で働いている会社に副業をしていることがバレると思っている人も少なくありません。
その理由としては、2016年から導入されたマイナンバー制度。
このシステムが導入されたことで副業を恐れている人が多く、本業の会社では副業をすることがNGな会社もあります。
しかし、副業で何とか生計を立てたい、昼間の仕事だけでは給与が安すぎるという悩みを持っている人は多いはずです。

・マイナンバーカードが導入されても副業はバレない
マイナンバーカードというのは本人の申請により効されるもので、氏名や住所、生年月日や顔写真などの表示が行われています。
このマイナンバーカードは本人確認ができるものとして利用できます。
ナイトワークのバイトを行う場合は、自分で確定申告をしなくてはならないため、マイナンバーカードの導入により本業の会社に副業を知られてしまう心配はありません。
副業がバレる可能性としては確定申告を行わなかった、役所からの告げ口、住民税が上がることにより副業がバレてしまう危険性があります。
しかし、確定申告を自分できちんとして所得税を支払っておけば、役所から本業の会社に告げ口をされたり、住民税の件などで会社にバレる心配はありません。
会社にバレることを恐れるのであれば、ナイトワークバイトで稼いだ分の確定申告を行ようにすれば、ナイトワークバイトが会社にバレることを防げるでしょう。

このようにナイトワークバイトはマイナンバーカードの導入により、副業として行うことが難しいかもしれないと言われてきました。
しかし、実際には本業とは別のところで収入を得るため、ナイトワークバイトをするのであれば自分で確定申告をする必要があります。
本業の会社ではマイナンバーカードの提示が求められるのですが、会社が独自で副業を行っていないか調べることは出来ないので確定申告をして告げ口をされることがなければ、バレる心配はないと思います。

top